木のむら五木

平成27年度都市農村共生・対流総合対策交付金

木のむら五木
木のむら五木MOVIE

「五木源住宅」を選ぶ理由:reason05 合同会社 活性建築研究所所

K邸リノベーション

美しい自然の懐で育まれてきた木でこころのこもった家づくりを。!

美しい自然の風景、自然林や苔の生えた岩に光りさす川、いろいろな山間に入ってきたが、 これほど美しい自然が残されているとは思いもよらなかった。その美しさに自然と同化した人々が五木の森林を育てている。美林である筈だ。 山守の溝口さんにも出会った。山への想いに心を打たれた。

このような五木から出てくる木材、五木を源とする木材が使えるなんて、なんて素晴らしい事なんだと思う。 丁寧なこころのこもった家づくりの五木源住宅が、私たちの誇りです。

松下 修

松下 修 Osamu Matsushita


合同会社 活性建築研究所 代表
1955年 宮崎生まれ
熊本大学大学院社会文化科学 研究科博士課程修了/公共政策博士、二級建築士

農林水産業の再生支援、自然素材・産地直送の顔の見える家づくり事業などをプロデュース。 林業の活性化を柱に持続可能な社会づくりや農山村の自立的発展の社会システムを研究しています。

電話:096-202-4076
HP:www.kassei-aa.com


風土に馴染んだ美しい木の住まいで潤いある暮らし、そして地域社会へ。

活性建築研究所の始まりは、2013年春のことです。 代表の松下修が30年に渡り培ってきた森林林業・地域との関わり合いの中で日本の美しい樹木を使ってほしいという思いから始まりました。 単に木材を利用するのではなく、風土にあった建築を通して山と町との関係を紡ぎだすことを大切にしています。 それは、社会や環境、経済的なものも視野に入れた地域の中において、手間暇かけた建築の在り方が、みんなの暮らしに潤いを与えるからです。

私たちは、皆様が求める住まいの形や在り方へ、地球に優しい素材や伝統技術、震災から学んだ住宅の在り方、 そして何より想いに寄り添う姿勢でお力になりたいと思っています。

プロデュース実績

五木源住宅増築
リノベーション 住宅医修了者の浦田大工が歪みを直しリノベーション。

写真クリックで拡大表示

© 2016 - 五木村山村活性化協議会

スクロール