木のおもちゃのデザインを募集します!

五木村では、平成28年度、「ウッドスタート宣言」を行います。

そこで、五木村において、誕生祝い品として配布する木製玩具(木のおもちゃ)のデザインの募集を、下記内容で行います。ふるってご応募いただきますようお願いします。

どなたでも応募できますが、作品として仕上げる必要がございます。下記をよくご覧になり、ご応募ください。

応募用紙はこちらになります⇒誕生祝い品応募用紙

デザインコンペ-1 デザインコンペ-2

 

 

被災住宅相談会(6月25日)のお知らせ

熊本地震における被災住宅相談会が下記日程で開催されます。
相談員(建築家)は五木村「森林で自立する村づくり」協定者のうち、
復興支援に向けて立ち上がった「五木村建築協定者復興支援チーム」の皆さまです。
建物に関してお困りのことがありましたら、是非ご参加ください。

日時:平成28年6月25日(土)
   午前9時30分~12時
会場:日本財団災害復興支援センター 熊本本部
   熊本市中央区神水1-3-1 ヨネザワ熊本県庁前ビル4階
定員:20名(お申込み先着順)
相談員(建築家):上村清敏、柿本美樹枝、橋詰美香、矢野貴松、横谷隆
お申込み・お問い合わせ先:松下生活研究所LLC.(五木村建築協定者)岸本 亨
             電話 096-202-4136 FAX 096-202-4055
             詳細は下記パンフレットをご覧ください。

無料住宅相談会チラシ
無料住宅相談会チラシ2

第3回 五木産材普及啓発シンポジウム 開催決定

「今後の木造建築のあり方を探る」をテーマとして
第3回五木産材普及啓発シンポジウムの開催が決定しました。

テーマ:今後の木造建築のあり方を探る
日時:2016年7月16日(土) 13:30~16:10(13:00開場)
会場:熊本県青年会館(ユースピア熊本)大ホール(定員180名)
申込方法:パンフレットをご覧ください。(参加無料)
主催:五木村

Page1
Page2

熊本地震 組立式ベッド19台提供

五木産材で作製した避難所用の組立式ベッドを19台提供させていただきました。
在庫1台のみとなり、お電話での問い合わせ等もあるため、追加20台の作製を検討中です。
宇土市:4台
西原村(西原中学校):10台
シェルパ(アウトドア&登山専門店):3台
松下生活研究所 :2台

木材出発
ベッド作製をしていただいた、上村工務店から軽トラック2台に材料を積んで西原村に出発。
農林課職員、山村活性化協議会職員が運搬しました。

西原中学校
西原中学校に10台分の材料を提供させていただきました。
その場で組み立ててご提供したかったのですが、避難所内の整理がついてからとのことで、
臨時倉庫に納入させていただきました。

P_20160512_150417
アウトドア用品店のシェルパさんに3台提供させていただきました。
写真は1台分ですが、この後五木村副村長に2台納入していただきました。

取材
組立式ベッドの反響は大きく、各メディアに取り上げていただきました。
追加で20台の作製を検討していますので、避難所等でご使用の希望がありましたら、
「お問い合わせ」からご連絡をいただけると幸いです。

「木のむら五木」ムービーを公開中

「木のむら五木」のブランドコンセプト・ムービーを公開いたしました。

各ページに右側に表示される年輪のバナー「木のむら五木MOVIE」をクリックすると
ページ内で再生がはじまります。(自動再生されますので音量にご注意ください)

五木の森林の厳しくも美しい自然、そこに生きる人々の表情や空気感、
五木の木のぬくもりなどを感じ取っていただけると嬉しいです。

「木のむら五木」ムービー

「木のむら五木」ウェブサイトを開設しました

五木村は、2015年9月24日「森林(もり)で自立する村づくり」共同宣言のもと、
この理念に共感し集った協定者と力を合わせ、
五木産材の持続的な利用促進のためのブランディング戦略
「木のむら五木」をスタートしました。

本サイトでは、五木村の自然や森林について、
また林業に携わる人々の姿を追いながら、
「木のむら五木」の理念を伝えていこうと開設いたしました。

取材時期が厳冬の時期で、寒い写真も多いですが、
緑豊かな五木の風景は、今後ニュースなどで随時発信していきますので
ぜひとも定期的にサイトをご覧頂ければ幸いです。

今後とも宜しくお願いいたします。

「木のむら五木」ウェブサイト